クレジットカードやプリペイドマネーの普及によって、デジタルマネーを日々の生活の中で、私たちは当たり前のように使っています。

契約にしても発注・受注が年々電子化されていますが、保険や契約書に分野では、紙の書類やハンコを押す機会はまだまだ続きそうです。

【新明解国語辞典】には「契約とは一つのことをするために、法律上の〝決め″のある約束をすること」と書いてあります。

自動車買取りの際に高値の査定を出してもらうためには、自分が乗っている間には、車にキズを付けないということが肝心です。

とはいっても車の運転に自信のない人が怖れる場所はいくらでもあり、細い道、狭い駐車場、縦列駐車、ショッピングセンターの駐車場などで影になって見えづらいポールなどにコツンとぶつかったことのある人は多いはずです。

では小さい車に乗ればよいということにもなるのでしょうが、子供が大きくなってきて、逆にセダンから大きめのミニバンに乗り替える家が多いですね。

知人が、車買取り業者のところへ行くからついてきてと言うので、同行しました。

行き先は、中古車のディーラーだったのですが、ユーズトカーのノボリにタイヤすべてに窒素充填済みと書いてあります。

知人が査定をしてもらっている間に近くにいた従業員さんに窒素充填について聞いてみました。

自分の車は中古の国産車だから、盗難なんて関係ないと思っている人は意外と多いです。

ご存知のように「車専門のプロ窃盗団」が日本にも数多く存在します。

盗もうとしている相手の手口も日増しに巧妙になり、大手の外車メーカーではモータープールから高級車がまとめて乗り逃げされたという事件をニュースで知った人もいらっしゃるでしょう。

今、自動車の世界では、動かすためのエネルギーがガソリンから電気へと移りつつあります。

とは言っても完全にガソリンから離れるという状況ではまだありません。

この状況で心配になるのが、あと何年で地球の石油はなくなってしまうのかということです。