車のセキュリティー

自分の車は中古の国産車だから、盗難なんて関係ないと思っている人は意外と多いです。

ご存知のように「車専門のプロ窃盗団」が日本にも数多く存在します。

盗もうとしている相手の手口も日増しに巧妙になり、大手の外車メーカーではモータープールから高級車がまとめて乗り逃げされたという事件をニュースで知った人もいらっしゃるでしょう。

ただ車ごと盗む場合に狙われるのは高級車(つまり車買取りの価値の高いもの)のみです。

そこで「だったら自分の車は大丈夫」と安心してはいけません。

というのもカーナビや高級オーディオセットなどは泥棒にとっては、りっぱな獲物になるのです。

手口は、カギ穴を壊す、あるいはガラスを割って開錠するというのが一般的です。

しかし最近ではトランクのキーシリンダーを外して持ち帰り、その鍵穴に合うキーを作って余裕で盗みにくるという事例も報告されています。

国産車のトランクを開ける場合は、運転席間近にあるトランクオープナーで開ける人がほとんどのため、わざわざキーでトランクを開けることが少ないという盲点を狙うのです。

現在では、ほとんどの国産車が、キーレスエントリーでドアを開けますが、高度のテクニックを駆使する窃盗グループは、使われる電波の周波数を解析するという手口の開発して、もはや「何も信用できない」状態です。

これに対抗するには、窃盗犯が車に乗り込んだ時に起こす振動を感知することが最後の手になります。

最近では、この防犯装置もレーダー探知機と同じ手間で装着できるもの増えてきました。

値段も安くなってきたし、ぜひ装着しておきたいものです。

盗まれてからアタマをかかえても遅いのです。

コメントする